自作詰将棋47

Pocket

自作詰将棋47

7手詰め。

ヒント: 初期配置ではすごく重い形になっているので、これを捌くのが第一です。

作者の感想: 紛れの順は一応あるのですが、あまり機能している感じはありません。正解手順と、多くの方の第一感とが一致している懸念はあります。2三の地点は効きの数で勝っているので5手目が成立する、というのが本問のポイントだったのですが、と金を引いて使うのは自然な手なので簡単に着手できてしまうのが問題です。かと言って、下図のような3手詰めにするのはなんとなくあっさりしすぎている気がします。悩ましいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です