自作詰将棋15・修正版1(2018/02/01追記)

Pocket

自作詰将棋15・修正版1

 

柿木を導入した際に気づいたのですが、初期配置▲6四歩は不要でした。初手▲6四角に対して合駒なら何を打っても詰みなのですが、2手目△8三玉で不詰めであることを見落としていました。▲6四歩を取り除いた図を自作詰将棋15・修正版1とします。これによって初手の角打ちを下から打つか上から打つかの含みが生じて、より良い作品になったと思います。無印の自作詰将棋15も余詰めなどがあったわけではなく、一応は完全作でした。

 

↑以上 2018/02/01 追記分

********************************************************************************

自作詰将棋15

7手詰め。

ヒント: 3手目にうまい捨て駒があります。収束はよくある形です。角を活かす手順を考えて下さい。

作者の感想: 6四の歩はできれば配置したくなかったのですが、上から角を打つ筋を消すために置きました。可能なら、その筋を残しつつそちらを紛れの順にしたかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です